福利厚生を重視して転職する看護師

看護師が転職するときには今まで抱えていた不満を解消したり、希望していたことを実現できるようにしたりするのが一般的だ。よくあるのが給与を上げたいというもので、看護師に限らず転職のときにはよく重視されている点である。また、看護師の場合に多いのが勤務条件の改善を求めて転職するというパターンで、夜勤がない職場を選んだり、感染リスクが低い現場に移ったり、休日が多いクリニックに転職したりするケースが目立っている。

これに加えてよく注目されるようになったのが福利厚生で、より良い支援を受けられる職場で働こうという看護師は増えてきているのが現状だ。子育てをする時期の看護師にとって育児支援が行われている職場は魅力的である。院内託児施設が併設されていたり、家事代行サービスの費用を支援するなどの福利厚生がある職場は女性看護師から人気だ。また、キャリアに関わる福利厚生が充実している職場も若手からの人気が高い。キャリア支援制度があって資格の取得費用を負担してもらえたり、外部研修を安く受講できたりする福利厚生がよく知られている。

一方、レジャーなどの支援がある派遣看護師として働く人も増えている。派遣会社では大手の福利厚生業者と提携していて、多角的な支援を受けられる体制を整えていることが多い。仕事ばかりではなく、プライベートを充実させたいという看護師がよく選んでいる働き方であり、その希望に応えられるように福利厚生もさらに充実が図られている。福利厚生を重視して転職先を選びたいのなら、こちらのサイトをチェックしておくと良いだろう。