スキルアップ支援の充実

看護師が職場選びをする際に、福利厚生以外に見てほしい点として人材育成に取り組んでいるかということが挙げられる。看護師は「自分自身の成長を実感できたとき」に喜びを強く感じることができる職業だ。さらに、キャリアアップをすることもできる他、「認定看護師」や「専門看護師」などの特定の分野で看護技術を高め、スペシャリストを目指していく道もある。病に苦しむ患者さんや素晴らしい先輩看護師との出会いから「もっと看護技術を高めたい」「もっと分析力や知識を増やしていきたい」と強く願う人もいるだろう。自分が将来どのような看護師をめざし、その技術やスキルを高めるためにどのような道を歩んだら良いのか、それが叶う職場で働いているかはとても大切な条件だ。

また現在は、病院もスキルアップに協力的なところも多くある。医療が急速に進んでいる中、病院内でも看護師のスペシャリストを育てるための取り組みが計画的・組織的に行われるようになってきた。また、職場でも優秀で専門知識や技術を持った看護師の育成に対して関心が強く、研修や大学へ再編入して資格を取る、取り組みに対して積極的に支援してくれる病院も増えてきている。

さらに、新人研修だけでなく、受け持ちのある看護師・リーダー看護師・チーフリーダー・副看護師長にも研修プログラムを実践している病院がある。それぞれの立場や役割ごとにさらに専門性と幅広い知識と技術を計画的に身に着けていくことが出来るよう、支援体制が整備されているところもあるのだ。看護師として職場選びをするのなら、そのような点もしっかりと見極めることが大切だ。